カニ缶 レシピ 食べ方

折角カニを贈るなら姿カニよりも缶詰のカニを選ぶことが喜ばれる理由

タラバガニやズワイガニ、毛ガニなど、美味しい食材であるカニは沢山あります。
しかし、いざ食べようとすると手間がかかる場合も少なくありません。
硬い殻を剥いてわずかな身を食べるのは、なかなか大変な作業です。

 

カニの缶詰の利点

殻は剥かなくていいし、身もギッシリ詰まっているのです。
汁にもカニの旨みがたっぷりですよ。

 

視覚的にも、丸ごとのカニの方がインパクトはあります。
食べやすさでは、カニの缶詰の全面勝利でしょう。

 

カニの缶詰の活用法

カニの缶詰は、非常に使い勝手が良いことで知られています。
そのまま贅沢に食べても構いません。
カニサラダにするのも良いでしょう。

 

下ごしらえの必要がないので、カニクリームコロッケなども簡単に調理できます。
このように手間も時間もかからないので、カニ缶は気軽に食べやすいカニと言えるでしょう。

 

缶詰ですから保存もしやすいので、とても便利です。
高級食材である、タラバガニの缶詰などは、贈り物にも喜ばれます。
普通のカニを贈るよりも、調理しやすいカニの缶詰の方が良いでしょう。

 

アレルギーには注意

ただし、甲殻類アレルギーの方は、たとえ缶詰でも注意が必要です。
カニ缶でもカニに違いはありません。
特に、お子さんに食べさせるときは、気をつけてあげましょう。

 

カニの缶詰に紙が入ってる理由

ところで缶詰を開けたときに、中に紙が入っていることに気付くかもしれません。
この紙はカニの変色を防ぐために、欠かせないものなのです。
カニの身が缶の材料である鉄に触れると、表面に黒い点ができて見た目が悪くなってしまいます。

 

これは、カニの身に含まれている硫黄という成分の仕業です。
現在では、缶の材料も改良され、変色は起こりにくいとされています。
しかし今でも、カニの缶詰には紙が使用されているのです。
できるだけ美味しく食べてもらいたいという、メーカーの気持ちと言えるでしょう。